ブログで簡単にお小遣いが稼げるカラメルアフィリエイト 詳細はコチラ 1万3千店、618万商品で使えるGMOとくとくポイント 新規登録

レインアイテム特集【Froh/フロウ】

  Froh編集部です。
梅雨ですがここんとこはあまり雨にあたりませんね。
自転車で移動している身としては毎日雨具が手放せません。

Frohでも雨具、レインウェアの特集をはじめました。




【質問】
なぜレインスーツのようなしっかりした雨具が必要なんでしょうか。
ポンチョやレインコートではダメなんでしょうか。

こういった疑問が起こる方もいると思います。
レインスーツは着るのも面倒だし街感覚だと大袈裟な感じ。
ポンチョやレインコートだってちゃんと防水の雨具じゃん、と言いたくなると思います。

山の雨具に求められているのは、防水、透湿、防風、耐浸透圧 です。

防水はそのまんまの機能ですが、ジッパーや縫い目からも雨ってしみてくるんですよ。
ここも完全に止水処理がされたものが「防水機能のある」ウェアになります。

透湿ですが、普段のトレッキングって汗を500ml以上どんどんかきます。
これを発散させないと雨は防いでいるのに、レインウェアの内部はすごい汗まみれ
になっている可能性があります。これでは意味がありません、風邪ひきます。

防風は高度が高くなると雨や風も強くなり、体感温度はどんどん低くなります。
風を遮らないと寒いおもいをします。

そして耐浸透圧。
レインウェアを着たままリュックを背負います。そして疲れた時はどこかに座ったりします。
この時、耐浸透圧がないと、圧力がかかった部分から内部に水分がじわーっと
しみ込んでくる事になります。

ポンチョやレインコートは上の機能をいくつか備えているかもしれませんが、
どこかで機能的に抜けがあるのです。
機能がないことは悪天候になった場合、とても危険な思いをするかもしれません。
なので機能的に漏れがないプロダクトを検討される事をオススメします。







この記事を他の人に教える
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
btn_pt.gif

ブログトップへ
カラメルの人気アウトドアショップオーナーが、“デザインと機能”をテーマにオススメの新商品・人気&ロングセラーアイテムを紹介するレコメンドブログです。

記事のカテゴリー

最新の記事

過去の記事


ショップ紹介


アウトドアブランド


アウトドアブログ検索

qrcode
北欧ブログ インテリアブログ 文房具ブログ 手芸部 器ブログ

カテゴリーの一覧
特集