ブログで簡単にお小遣いが稼げるカラメルアフィリエイト 詳細はコチラ 1万3千店、618万商品で使えるGMOとくとくポイント 新規登録

日帰り雲取山【Froh/フロウ】

 Froh編集部です。
腕のリハビリの為に早起きして東京と埼玉と山梨の県境にある百名山、雲取山へ。

雲取山は絶景ですね。富士山、丹沢連峰、ちょっと遠いけど北アルプスも見えます。
ルートは鴨沢ルート。標高800mから始まり2000mを目指すという事ですね。
5:00に小袖乗越の駐車場(空き地)を出て、9:00に山頂へ到着。
10:00過ぎに山頂を出て、所用で雲取山荘へ、
10:30に山荘を出て、12:30に七ツ石山山頂へ、
14:00前に駐車場(空き地)へ戻ってきました。

今回は朝3:00に出たので渋滞も一切なし!
駐車場も時間も余裕で全く問題なし!
スカっと晴れたので絶景も自炊食事も素晴らしく大変良いルート!
(写真も上げておきます)

全てがうまくいきそうだったのですが、大きな落とし穴が
2つもありました。。今回の教訓。

わたしはお腹が減ると血糖値が下がって冷や汗が出て一気に力が入らない、
本当にへなへなな状態になります。そういう時はとにかく甘いものを
食べれば収まるのですが、今回それが登っている途中、
山頂まであと1時間のところで起きました、ブナ坂っていう所で。
今回ミスった事におやつとしては最近ハマっている「茎わかめ」と「昆布」のみ。
いつものチョコレートとレーズンクッキーを持ってこなかったのです。
しまったー、途中でメシを広げるわけにもというか山頂で食ってやる、
と変に意地を張り、この茎わかめと昆布と水でなんとか空腹を誤摩化す
事にしました。気力は全然折れてないんだがしかし力がやはり入らない、
坂の途中で登っては止まり、登っては止まり。
きっとひどい顔をしながら登ってたんだろうなー、としかしそれどころではない、
下手すると登れないかも、なんて事を考えながら、途中でご飯を半分食べて
しまいましたがなんとか余計に時間を使って山頂に辿り着きました。
小中高校生のときに、お昼のない学校帰りにいつもこんなつらい思いをして
家に帰ったことをはっきりと思い出したり、「今日の教訓だわ、これ」とネタが
出来た事を考えていたり、山頂で即席おしるこは絶対食べるとか考えていたり、
ロールケーキやらハーゲンダッツやらまぁいろんな事がぐるぐると巡りました。
糖分の高い行動食は緊急時も含めて必須。
「お金と必須のお菓子は前日に揃えておく」

そして山頂で絶景富士山を見ながら食事をし、山荘にチョコレートないかと
思い立ち寄ってみましたが、、、ありませんでした、、。
山荘から巻き道で小雲取山に出て七ツ石山頂にも登り、七ツ石小屋にも寄りましたが
チョコない、、、
なかなかないものですね。

普通なら軽快に下るのですが、足の指が妙に痛い、結構刺さるように
じんじん痛い。と思ったら爪を切っていないせいだ、と気づきました。
気になりだすと余計歩き方も変になり、気を使いながら歩を進めるように
なります。ちょっと石や根っこに足を引っ掛けると「痛ー」と言いながら
下る様はまたまたみっともなく、一体何をやっているんだと自己嫌悪。
とにかく無事に戻ろうと必死に戻って来た感じでした。
「足の爪は必ず切ること」

鴨沢ルートは緩やかな道が最初続き、山頂近くになってくると富士山や山々を見ながら
急な道を登るという、緩急と絶景を楽しめる登りがいのある山だと感じました。
山荘やテントで一泊する山という事が専ら書かれておりますので、
早朝に登れない、ゆっくり登る方はやはり一泊を前提に入られた方がいいと思います。
帰りに東京方面では「よもぎの湯」がありますが、大変混んでいて入場制限がかかる事も
あるかも。
今回も有り難く色々勉強になりました。


桜ですかね、、緑の山の中にあると目立つものです



山頂まで半分をすぎたところ。この辺りからへなへな状態でした、、、



こういう坂を横から見ると結構角度あるな、って思います



緑の山々と富士山を見ながら歩くのは気持ちがいいもんですね



山頂への道。吹きさらされるので防風対策を。



実際は富士山がもっと大きく感じますよ、絶景です


商品の事にも触れなきゃ、と
山頂でもゆっくり過ごしたい、ってことで折りたたみのイスをご紹介。



リュックのポール用コードやサイドポケットにも固定できるので
リュックに備え付ける事も可能。地はキャンパス地。
アルミフレームなので軽量の1.3キロ。
畳んだときの長さは73cm。直径は約9cm。




コードを一周させてパチンと束ねます。
ショルダーストラップもついていますよ。

フェス、キャンプ、ビーチとかとかご自由に。
大人は勿論子供さん用にもかわいいかも。昨年は違う柄でしたが人気でしたね。
今ならすぐお届け出来るのでお早めにどうぞ。

価 格:8,715円(税込)
商品
詳細ページ

Froh(フロウ)オンラインストア』はアウトドア情報・商品 の総合サイト『Froh』の通販サイトです。これまで入手困難だったハイスペック な商品や、雑誌などで紹介される人気のアイテムも、Frohオンラインストアにて ご購入いただけます!当ショップではアウトドアのハイエンドブランドを取り 扱っており、商品は全て各ブランドから直接仕入れている正規品です。加盟ブラ ンドもますます増える予定ですので、ぜひご期待ください。





この記事を他の人に教える
この記事のトラックバックURL
トラックバック
btn_pt.gif

ブログトップへ
カラメルの人気アウトドアショップオーナーが、“デザインと機能”をテーマにオススメの新商品・人気&ロングセラーアイテムを紹介するレコメンドブログです。

記事のカテゴリー

最新の記事

過去の記事


ショップ紹介


アウトドアブランド


アウトドアブログ検索

qrcode
北欧ブログ インテリアブログ 文房具ブログ 手芸部 器ブログ

カテゴリーの一覧
特集